脇汗って気になりますよねぇ〜

私、とくに緊張すると脇汗いっぱいかいちゃうんです・・匂いも大丈夫かなって心配で心配。
それで、デオドラントの種類をいろいろ見て何がいいのか検討してみたんです。

 

今まではスプレーのものが多くて、でも脇汗かくとあんまり意味ないんですよね。
ロールオンタイプのものも使っていたこともありました。

 

あれも、脇汗をかいたあとに塗ると汗と混じって匂いがきつくなる気がします。

 

だけど、そこに落とし穴があったんですよ!!
先日、妹に「あのね、すごいいいデオドラントがあるの!」と言われ試してみました。

 

それは、クリームタイプのものだったんですけど、市販のよりはちょっと値段がお高めなものです。
お風呂上がりにつけたんですけど「乾くまでは服は着ちゃダメだからね」と言われ、乾くまで待っていました。

 

乾いてみると、さわり心地がサラサラ〜♪そして、次の日一日サラサラだったんです!

 

私もそれを買おうか考えたんですけど「いや、今までの使い方が間違ってたんじゃないか」と思って、持っていたデオドラントの説明書きを見たら、「乾くまでは衣服を着ない」って書いてありました!

 

「やっぱりー!!」使い方って重要ー

 

ちゃんとその通りに使ったら十分効果がありました!

 

職場でかなり臭う”あの人”にも教えてあげたーい

 

そんな勇気ないけど・・・・・(;´Д`)ハァハァ

 

 

「自臭症」と「自己臭恐怖症」

 

実は、体臭はどんな人にも当たり前に存在します。
少しでも動けば汗をかきますし、ご飯を食べれば口の中にそのニオイ残ります。

 

それが、私達人間が生きていると言う証拠でもあり、ニオイを出すことは決して恥ずかしいものではありません。
しかし、自分のニオイに対しては臭覚が慣れてしまっているため自分では気づきにくいというのも事実でこれを順応といいます。

 

だからこそ、「自分の体臭はどうなの?」と人からの評価に頼らざるを得ませんし、また自分の体臭がどう思われてるか不安にも感じる事でしょう。

 

最近では、こうした自分の脇汗やニオイに敏感になりすぎて不安傾向が強まり、自分は他人より臭いと思い込む、いわゆる「自臭症」や「自己臭恐怖症」を発症する人が増えていると思います。

 

「自分の体から腐ったチーズのようなにおいがする」「彼に脇が臭いと言われた」などの悩みを持つ女性が増えているのも事実です。

 

ストレスを感じて悩むことも脇汗のニオイを強くする原因となると言われていますので、あまり深く悩まず「エチケットとして自分の体臭と向き合っていく」くらいの気持ちで改善に取り組んでいけばいい結果が出ると思います。