体臭予防の食べ物

汗をかいた時に気になるのは、体臭ですよね。制汗剤で防臭対策をする人がいますよね。
外からだけではなく体内からも対策ができればいいですよね。
そこで食べ物で防臭対策をすることをお勧めします。

 

私たちがかく汗はいい汗と、悪い汗があります。
いい汗は臭わないそうですよ。悪い汗は老廃物がたまっていることによってかくのです。

 

効果がある栄養素は、食物繊維と乳酸菌です。
食物繊維は腸内の老輩物を取り込み、排出してくれます。

 

体臭の原因は、便秘になったり、腸内に老廃物がたまってできるアンモニアが発生することです。
食物繊維が含まれる食べ物は、野菜やキノコ類、海藻類です。

 

乳酸菌は、腸に善玉菌が増えることで、腸内で体臭の原因である悪玉菌が減るのです。
老廃物を排出してくれます。植物性の漬物や味噌、キムチを食べるといいですよ。

 

善玉菌が増えると身体にもいいですし、体臭対策になるのもうれしいですよね。
野菜や漬物を1品付け合わせると毎日食べられそうですよね。

 

スメルハラスメント

 

最近は「〜ハラスメント」という言葉が増えてきましたね。
においによる嫌がらせ「スメルハラスメント」についても紹介しておきたいとます。

 

夏になると汗をかきますよね。においが気になる時期です。
気をつけているつもりでも臭う人はいませんか。自分の臭いはどうしても気付くのが難しいものですよね。

 

その原因は、家の中にあるかもしれませんよ。たとえば、家で発生した雑菌が服に移り、悪臭が発生しているということはありませんか。

 

においのもとになるのは、雑菌や皮膚に居る常在菌で、汗や皮脂がしみ込んだ衣類や布団は、菌が増えやすいとのことです。天気のいい日に布団や洗濯ものを外に干して少しでもにおい菌が増えないように気をつけましょう。

 

いやなにおいと言えば、香水もそうです。つけすぎている人はいませんか。
柔軟剤や消臭スプレーもにおいがきつすぎるとスメハラになってしまうそうです。
調整するのは難しいですよね。

 

洗濯物のにおいは、いいにおいが多いと思うのですが苦手な人もいるそうですね。
ほかには、口臭も入ります。食事の後に歯磨きをして口臭対策をとるのをお勧めします。

 

「〜ハラスメント」という言葉が定着してきましたね。
においが気になるなと思ったら何か対策をとってみましょう。