満員電車でもできる、脇汗や上半身の制汗対策

暑い日の満員電車は汗がだらだら出て見られるのは恥ずかしいですよね。
吊皮をつかんだときに脇がぬれているのが見ると嫌な気分になりますよね。

 

上半身の制汗対策方法とは、1つ目はブラジャーのホックを1つきつめに調整し、わきの下からろっ骨付近を少々圧迫します。

 

2つ目は手をグーに握ったときに中指に当たるところが制汗のつぼなので意識しながら握ります。

 

少し強めの力で3から5秒断続的に押します。

 

3つ目は、わきの下からへそ上にかけて両サイドから圧迫しましょう。
これも同じように少し強めの力断続的に水平に両サイドから圧迫します。

 

上半身が圧迫され脇汗が減らせますし、下半身に汗をかかせることができます。
締め付けすぎると気分が悪くなってしまうので気をつけましょう脇汗が出ていたら恥ずかしいですよね。

 

脇汗パッドも売っていますが毎回取り換えないといけないのが困りますね。
汗が「出ないことが一番いいですよね。

 

つぼを押すと脇汗に効果的なのは初めて知りました。
上半身から汗をかくので脇汗もかいてしまいますよね。

 

これらの方法を試してみたいと思います。

 

口臭にもご注意を・・・

 

鼻が良いので、電車の中はちょっとした拷問です。
体臭、整髪剤、口臭…いろんな臭いが混じってオエっとなることもしばしば。

 

体臭も自分が好き(と言ったら変だけど)な系統の臭いだと大丈夫ですが
頭皮が焼けた感じの匂いとか、コーヒータバコからの口臭とかきついですよね…

 

特に口臭は気づきづらいんじゃないでしょうか?

 

歯医者さんによるとタバコやコーヒーだけじゃなくってドライマウスとか虫歯、歯周病も原因なんですって。
歯と歯茎の間の溝は2ミリ以下が通常の所4ミリまで広がると「歯周ポケット」というらしいです。

 

初めて知ったな…これ。

 

ここに歯垢なんかがたまると菌が繁殖して臭いが出るんだとか。
歯茎が痩せる、とか歯磨きで出血があるとか症状が出ている人は要注意ですね!

 

私も歯医者さんに行ったときに歯磨き指導をしてもらった事がありますがやっぱりポイントは歯に対して45度で歯と歯茎の境目を丁寧に!!と教わりました。

 

表面の部分ももちろん磨きますが重要なのはこの溝の部分なんですね〜
更にガシガシ磨く必要はないというのも目からうろこ。

 

結果、やわらかめのブラシで細かく動かして磨くようになりましたよ〜